ライフスタイルから投資を学ぶ

株式投資には、投資家それぞれのライフスタイルに適した投資の行い方があります。

例えば、長期的な予想であるファンダメンタルズ分析を重視し、一年間以上の長丁場で取引を見る投資方法もあれば、
ディトレーダーの様に刻一刻と変化する株式市場の値動きを鋭い感覚で察知し、
秒単位で取引を行う瞬発的な投資もあるのです。
ここでは、投資家をいくつかのライフスタイルタイプに分け、それぞれに適した投資の方法について学んでみましょう。

まずは、例えばサラリーマンの様に、日中投資の為に時間を割けない人を例に取り、見てみましょう。
昼間働いている人の場合、株式市場の開いている午前9時から午後3時は、最も本業で忙しい時間です。

その為、ディトレードの様な日中の株取引を行う事は、ほぼ不可能と言っていいでしょう。
この場合は、ディトレードの取引方法は、自分のライフスタイルに合わないと考え、別の取引手法を探す必要があります。

この場合向いている投資スタイルは、短期で行うディトレードでは無く、
長期予想に基づいた、一度買ってしばらく株式を保持する手法です。
この方法であれば、平日に株式の為に時間を割けなくとも、
「長期保有する」という意識があるだけに、
精神的に余裕が出来、ゆとりを持って相場の推移を見守る事が出来ます。

注意点としては、株式を長期保有するからと言って、週末毎の相場チェックを欠かさない事です。
このスタイルは、目標の株価に到達したら売却する事も重要になる為、
例え一週間に一度でもチェックを欠かさない様にしましょう。

次に、長期取引が中心となるサラリーマンとは対極にある、
株式取引で生計を立てているディトレーダーについて見てみましょう。
ディトレーダーは、日中多くの時間を株取引に当てられる事が条件となる取引スタイルです。

一日中、取引用のパソコンの前でチャートと睨めっこしているイメージと言えば、伝わりやすいでしょうか。
この場合は、一日の中で発生する株価に影響を与えるイベントのタイミングを逃さない事等が重要になる為、
相場嗅覚があり、瞬発力のある取引を行えるスキルのある人に向いた取引方法です。

他にも、ライフスタイルから考える株式投資としては、株主優待等を目当てに株を保有する方法等があります。こちらの、株.ccもわかりやすい解説が記載されています。

商品券や割引券等がいわばプレゼントとして株を保有している企業から届くのを楽しみに、
のんびりと株取引を楽しみたい人向けの取引スタイルです。

この様に、一口に株取引と言っても、ライフスタイルという切り口で見るだけでも様々な種類があります。
大切な事は、自分のライフスタイルに合った取引方法を見つけ、無理せず学んでいく事なのです。