新規公開株、公募・売出し

株式投資を行う者なら、
誰でも一度は考えるのが、「ローリスクでハイリターンな投資方法」です。

通常の市場であれば、
中々これに該当するような方法はありませんが、IPO(新規公開株)はちょっと話が違ってきます。
IPOとは、Initial Public Offering の略で、前述の通り新規公開される株式の事です。

これは、それまでは非上場・非公開だった銘柄の株式が、
主に広く資金を集める事を目的として新規に上場される事を指し、
年間で平均120から150社が新規上場を果たしています。
このIPOは、実は投資家に取って大きなチャンスでもあり、
状況によっては、冒頭に書いたような「ローリスク・ハイリターン」も不可能では無く、
美味しい投資になる事も珍しくありません。

ここでは、何故新規上場が美味しい投資に成り得るのか確認してみましょう。
まず、新規上場するという事は、その銘柄はそれまで未公開の株であり、
会社のオーナーや親族により独占され、市場で自由に売買されていなかった状況にある事を示しています。
この状態からIPOになった場合、公募価格(売り出し価格)で購入出来ると、
市場で初値がついた際には、非常に高確率で公募価格を上回る傾向があるのです。
中には公募価格の数倍の初値となったケースもあり、まさにローリスク&ハイリターンな取引が期待出来ます。

では、何故未公開株が公開されると、市場で高値が付くのでしょうか?
その理由は、IPOになる銘柄は、新しいビジネスモデルを持っている注目の企業や、
急成長している会社が発行している事が多く、その銘柄を保有する事で大きな利益が見込めるからです。
更には、公開されるまでは一般投資家には手が出せないという、ちょっとしたプレミア価値も付加されているからに他なりません。

さて、その新規公開株ですが、公開が決定されると、
その銘柄を取り扱う証券会社で公募という形を取り、売り出される事があります。
これには非常に多くの投資家が注目する為、抽選で当たれば購入権を得られるケースがほとんどです。

しかし、これに当選する事さえ出来れば、投資初心者でも容易に利益を出せる可能性が高い為、
もしも機会があれば非常にお勧めの投資方法です。こちらの、株購入.orgもわかりやすいので、おすすめサイトです。